グライズデール・アーツは、“村”そのものが一つの学校であり、そこでは社会性や工芸技術が、世界の他の地域にある小さな村々と直接出会い、刺激し磨きあえる道を考えています。この世界規模での独創的なプログラムを“世界の小さな村リーグ”と呼びます。目的は、お互いに共通する過疎化などの問題への対策となる基盤を研究し学び合うためです。この国際的プログラムの始まりをGrizedale Arts websiteでご紹介しています。