貴和の宿

貴和の宿はおよそ150年前の歴史を持つ、茅葺き屋根を改修した古民家。囲炉裏や畳の間、昔ながらの釜戸がある台所などの設備があります。また庭には、ワークショップスペースや、収納小屋、パン釜も設置されています。2010ねんには山口大学のプログラムで、珍しい五右衛門風呂の設置が実現しました。

空き家の改築計画は、山口大学の中園先生率いるチームと貴和の里に集う会のコラボレーションで実現しました。

修繕は、構造を補強したり床を改修したりと、多岐に渡りました。こうしてまた再び、囲炉裏が使える様になりました。

囲炉裏は、皆と過ごす憩いの場であり、また料理も出来ます。

詳しくは 貴和の里に集う会 qqfw3u59@dolphin.ocn.ne.jp(岡本)まで