清流庵

清流庵は、貴和の里からおよそ20分離れた静寂な山の中腹にある美しい茅葺農家で、重要文化財に指定されています。およそ150年以上前の建物で、その名も‘清い流れの家’という意味を含み、もともとは紙漉きの盛んな一帯でした。近年、プログラムの始まる前は手打ち蕎麦屋として利用されました。現在はグライズデールのプロジェクトによって畳を入れ替え障子なども修理し、全体的に整備されました。山並みに映える日本庭園の木々は、このプログラムを通して、熟練した庭師の技術と参加者の手伝いで、定期的に手入れをされてます。

美しい山並みと豊かな田んぼの前に建つ伝統的なこの日本の農家に滞在する経験は、特別な経験です。

屋内は、囲炉裏を囲む居間と3つの部屋と台所に分かれており、庭は熟練した庭師のデザインです。

2018年に、グライズデール・アーツによって五右衛門風呂と竹柵が作られました。清流庵は特別な文化設備のため、現在はグライズデール・アーツによってもてなす場合の、季節的な利用中心となります。